これからお金を借りようとしている方、すでに借入している方は
審査で嫌な思いをするんじゃないか、またはしたことがある方もいらっしゃるでしょう。

では、お金を借りる上で通過しなければならない審査について、通り易くする秘訣を幾つか紹介したいと思います。以下の内容を吟味し、自分がどのような状態にあるかを判断し見直せる部分はしっかりと改善して審査に臨んで下さいね。

・既に借入がある場合、他社から借入件数は3件までにする。
 →審査で重要なのは借入額ではなく借入件数です。3件を超えると多重債務とみなされます。

・3件以上または3件以内でも複数の借入は出来る限り1本にまとめる。
 →上記と同様に3件以内にまとめます、多重債務指定を避けるため。

・借入がある場合、絶対に遅延しない。
 →遅延履歴は情報として残りますので、絶対に遅延してはいけません。

・利息制限法の上限金利を越えた金利で借入しない。(闇金に手をださない)
 →審査云々以前の問題として心得てください。

・同時に複数の業者に申込しない。
 →1日や数日のうちに何社にも申込を行うと、その情報は共有されますので
  申込ブラックとして指定される可能性が高まります。

・無人契約機で契約しない。
 →無人契約機は審査が厳しくなります。面倒でも窓口などで手続きしましょう。

・申込に必要な書類は全て揃える。
 →身分証明や収入証明などの書類は確実に用意しましょう。
  揃えられない=返済する気がないと見られます。

・申込書の記入欄は全て記入する。絶対記入漏れしない。
 →記入事項に記入しない=返済する気がないと見られます。
  全てを記入するのは最低限のことだと認識しましょう。

・固定電話回線を取得していること。
 →固定電話回線を自宅に持つというだけで、信用度は変わります。
  携帯だけというのは絶対に駄目です、無い場合は会社の電話でもかまいません。

・年収など申込に必要な情報に嘘を書かない。
 →少し調査すればばれます、ばれたら100%貸してもらえません。
  嘘をついても何のメリットもないと考えましょう。

・無料で出来る借入シミュレーションを行う。
 →事前に審査で通るかどうか、ある程度の目処が立てられます。

・キャンペーン中の業者を狙う。
 →キャンペーンを行っているということは、貸したい!ということの表れです。
  審査が有利になる可能性がありますので、ねらい目です。

・時間帯や曜日を狙って申込する。
 →消費者金融の営業にはノルマがありますから、ノルマを達成してしまうと
  面倒になって審査を正しくしない場合があります。
  ねらい目は午前中の10時ごろと、曜日でいえば木曜や金曜です。
  月初よりは月末がいいでしょう。決算前もポイントです。
このように、色々な方法で審査を通り易くする方法があります。
これから初めて借入する方も、そうでない方も参考にしてみてくださいね。

専業主婦専用借りやすいキャッシング一覧はこちら!

2010年6月18日以降、キャッシングの利用環境が大幅に変化したといわれています。

これは、改正貸金業法や改正出資法が施行されたことによるもので、

 ・年収1/3以上の融資は、原則禁止
 ・上限金利の大幅な引き下げ

などが行われたからです。

しかし、年収1/3以上の融資が必要な方がいるのも事実ですので、そのようなときに

 どこから借り入れするべきか?

が重要になります。


■年収1/3以上はヤミ金から?

年収1/3以上という基準は、総量規制ともいわれるもので、消費者金融などは、これを上回る融資ができません。

そのため、この基準を上回る融資が必要な方は、

 ・ヤミ金融から借りるの?
 ・クレジットカードの現金化?

などを考えてしまうかもしれません。

しかし、正規の登録を受けていない闇金融から融資を受けてしまうと、後日、取り返しのつかないトラブルに巻き込まれてしまいますので、絶対にヤミ金融を利用するべきではありません。

同様に、クレジットカードの「利用停止」の危険性のある、現金化商法にも手を出さないようにするべきでしょう。


■年収1/3を超えて貸せるのは?

ヤミ金融などの危険な業者を利用せず、安全性の高い業者からの融資の方法があります。

総量規制は、貸金業者(消費者金融・信販会社など)を規制する法律で、銀行を規制するものではありません。

そのため、独自の基準によって、

 年収の1/3を上回る融資

をしている「銀行カードローン」があります。

どうしても年収1/3以上の融資が必要なときは、安心して利用できる「銀行カードローン」を選ぶようにしましょう。


■お勧めの銀行カードローンは?

年収の1/3超の融資ができ、高額融資が見込めるのは、

 オリックス銀行カードローン

です。

最高800万円までの融資が認められるほか、300万円までの限度額なら、原則として「収入証明書不要」で借りれます。

面倒な書類を用意せず、高額融資が見込めますので、非常に人気のあるカードローンとなります。